1. トップページ
  2. 製品情報
  3. 医療費控除について

医療費控除について

アクティは医療費控除対象製品です。排泄ケアのために「アクティ」をお使いの方で、以下の条件を備えた方は医療費控除の対象となります。排泄障害や排泄ケアと上手に付き合っていくために、医療費控除の内容をご確認ください。

医療費控除の対象者

次の条件を備えている人が使用する大人用紙おむつ・軽失禁パッドの購入代金は、医療費控除の対象となります。

  • 傷病によりおおむね6ヶ月以上にわたり寝たきり状態であると認められた人、またはあると認められる人。
  • 当該傷病について医師による治療を継続して行う必要があり、大人用紙おむつ・軽失禁パッドの使用が必要と認められる人。
  • 本人またはその家族が税金を納付している人。

医療費控除の対象製品

上記の条件を満たす成人が大人用紙おむつ・軽失禁パッドを使用する場合、おむつカバーや紙おむつと併用する下記の製品を含むすべての大人用紙おむつ・軽失禁パッドが医療費控除の対象となります。

  • 平判タイプ
  • テープなどでとめるタイプ
  • 尿取りパッド
  • 下着と併用する失禁尿取りパッド
  • 補助パッド類

医療費控除の申請方法

医療費控除を受けるために、税務署への確定申告が必要となります。
その際、次の書類をご準備頂き、確定申告とあわせてご提出してください。

  • 医師が発行する「おむつ使用証明書」
  • 大人用紙おむつ・軽失禁パッドを購入した時の「領収書」

申請書類・提出時の注意事項

  • 「おむつ使用証明書」は、紙おむつの使用を開始した月日での発行をお願いします。
  • 医療費控除は「医師がおむつの使用証明書を発行した日」から適用されます。
  • 大人用紙おむつ・軽失禁パッドを購入した時の「領収書」は、宛名に「患者の氏名」と但書に「大人用紙おむつ・軽失禁パッドの購入代金」であることを明記したものとなります。
  • 公的介護保険の保険給付対象者(40才以上)は、2年目以降「おむつ使用証明書」のかわりに、主治医意見書の写し(注1)又は市町村が主治医意見書の内容を確認した書類(注2)を用いることができます。
(注1) 主治医意見書とは、介護保険法に基づく要介護認定に係る主治医による症状(寝たきり度、尿失禁の有無等)の記載した所定の書類のこと。
(注2) 市町村の担当窓口で発行申請を行う。

おむつ使用説明書のダウンロード

「おむつ使用説明書」はこちらからダウンロードできます。

おむつ使用証明書のダウンロード(PDF)

印刷方法

※A4で印刷してください。

Windowsの場合

おむつ使用証明書をダウンロード → PDFを開く → 左上のメニュー「ファイル」から「印刷」をクリック

Macintoshの場合

おむつ使用証明書をダウンロード → PDFを開く → 左上のメニュー「ファイル」から「プリント」をクリック



アクティのご購入はアクティのご購入は

  • クレシア商品のメーカー直販サイト クレシアオンラインショップクレシア商品のメーカー直販サイト クレシアオンラインショップ
  • Amazon.co.jp
  • LOHACO
  • ケンコーコム
  • 爽快ドラッグ
  • YAMAZEN くらしのeショップ

						【製品に関するお問い合わせは】
						クレシアお客様相談係
						03-6665-5303
						(取扱店をご案内しております)
						【受付時間】9:00〜16:30(土日祝日を除く) 
						【製品に関するお問い合わせは】
						クレシアお客様相談係
						03-6665-5303
						(取扱店をご案内しております)
						【受付時間】9:00〜16:30(土日祝日を除く)

詳細情報を見る詳細情報を見る


						【排泄ケアや介護に関するご相談は】
						クレシアもしもし相談室
						03-6870-2722
						【受付時間】10:00〜16:00(土日祝日を除く)
						※病気に関するご相談はご遠慮いただいております。
						または 
						【排泄ケアや介護に関するご相談は】
						クレシアもしもし相談室
						03-6870-2722
						【受付時間】10:00〜16:00(土日祝日を除く)
						※病気に関するご相談はご遠慮いただいております。
						または

メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

詳細情報を見る詳細情報を見る

アクティ®は、「アクティユニバーサルデザイン」の考えに基づき、お客様への適切な情報提供に取り組みます。アクティ®は、「アクティユニバーサルデザイン」の考えに基づき、お客様への適切な情報提供に取り組みます。